2011年東北地方太平洋沖地震における超高層建築の強震観測と地震応答解析 その3:弾塑性地震応答解析

工学院大学新宿校舎で観測された東北地方太平洋沖地震(前震、本震、余震)の加速度波形を入力波形とし、立体モデルを用い、弾塑性地震応答解析を行った。さらに実際の観測波形と比べることで立体モデルの妥当性の確認を行った。前震については観測記録と概ね一致したが、本震、余震については観測記録と異なる結果となった。その1でも述べているように、本震と余震については大学棟で観測された周期が微動時の周期より大きく伸びており、振幅依存性の考慮されたモデルの提案をする必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
新田龍宏 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集