2011 年東北地方太平洋沖地震における超高層建築の強震観測と地震応答解析 ― その1:前震・本震・余震による強震観測 ―

既存の観測記録に加え、今回発生した東北地方太平洋沖地震により固有周期の振幅依存性を調べた。その結果、振幅の増大とともに、固有周期が増大する顕著な振幅依存性を確認した。但し、本震でも構造計算書による固有周期よりやや小さな値となり、構造モデルの改善が望まれる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
荒川洋輔 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集