東北地方太平洋沖地震における地震動が建物応答性状に及ぼす影響 (その 1 )太平洋沿岸部の観測記録による検討

本論 ( その 1 ) では、東北地方太平洋沖地震の地震動が建物応答に及ぼす影響について、R C 造建物を対象として分析した。東北地方太平洋沖地震の地震動は、1978 年宮城県沖地震の地震動よりも継続時間が長いため、最大層間変形角が同程度の場合でも累積塑性変形倍率は 2 倍以上大きくなる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
森井雄史 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集