2011 年東北地方太平洋沖地震とその前後の地震による東京の地震動の応答スペクトルと応答継続時間スペクトル

東北地方太平洋沖地震とその前後の地震の地震動の応答振幅と応答継続時間を定量評価した。長周期で長時間繰り返された揺れは、超高層建物の室内被害や混乱、耐震性の低い構造物や部材の塑性化、地盤の非線形化や36等、様々な被害拡大の要因になったと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
石 井 透 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集