2011 年東北地方太平洋沖地震における速度応答の空間分布の特徴

空間分布においては、火山フロントを境に背弧側では短周期の応答値が前弧側と比較して大きく減衰していることが分かった。また、距離減衰特性においては、距離減衰式に比べて応答値の減衰が大きく、多くの周期で予測式を下回るという結果になった。一方で、特異点として、中部地域、新島では短周期において他の地域に比べ大きな応答値を呈している。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
森田 泰弘 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集