2011 年東北地方太平洋沖地震(Mw9.0)の距離減衰特性と距離指標の関係

K-NET および KiK-net で取得された東北地方太平洋沖地震の距離減衰特性について検証を行った。今回の地震に関しては、距離減衰に用いる距離指標は,断層最短距離を用いるより,等価震源距離を用いたほうが,観測値の PGA・PGV を説明できることがわかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
西村 利光 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集