2011 年東北地方太平洋沖地震で発生した地震動と強震観測点周辺の状況

東北地方太平洋沖地震を対象に,発生した地震動の解析を行い,過去に発生した地震動と比較したところ,建物の大きな被害を引き起こさない性質の地震動であった.また,一自由度系を用いた非線形地震動応答解析を行って,震度 6 弱以上を観測した強震観測点の多くで,建物の大きな被害は生じないという結果となった.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
神田 和紘 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集