東北地方太平洋沖地震により日本科学未来館で発生した非構造材等落下被害に関する調査速報 その 1:建物概要とエントランスホール天井等の落下被害

今回の地震は比較的継続時間が長かったため,本震の前半で多くの斜め材が変形脱落したと考えられる.本震後半と余震により,大きな変位が生じ,前節のような天井材等の落下被害が発生したと考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川口健一 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集