平成 23 年東北地方太平洋沖地震による潮来市・神栖市の液状化被害

2)水田として利用された後、盛土などにより住宅地に造成された地域では、激しく36する一方、針葉樹林として利用されていた地域、古くからの集落では、36の被害はほとんど見られなかった

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
鈴木比呂子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
液状化 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集
登録者の他の教訓(コンテンツ)