2011 年東北地方太平洋沖地震による浦安市での液状化被害の調査

4)36の程度は場所により異なり、埋立て年代・工法・材料、地盤改良の有無、埋立て層厚、標高、基盤深度などが影響している可能性がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
勝間田 幸太 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
液状化 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集
登録者の他の教訓(コンテンツ)