熊本地震のつぶやきに見る感情極性値の時空間解析

感情極性値は様々な災害にまつわる因子の影響を受けることが示唆され、このような特徴から感情極性値は、被害の深刻度を瞬時に把握するために有効な指標となる可能性があることがわかった。今後、発災する災害に本研究で得られた手法を適用し、感情極性値と様々な因子との関係性を蓄積し続ければ、感情極性値が災害情報を推測するための1つの指標になると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
横田 尚己 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
情報提供→情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 521(2017) No. 3 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)