東日本大震災の津波被害における復興市街地整備事業が商店街再建に及ぼした影響に関する一考察 気仙沼市鹿折地区かもめ通り商店街の事例から

④経年的な状況変化は廃業や再建場所の意向変化に加えて組織に拘らなくなった商業者を生んだ。商業者の換地された土地だけが残った結果、期待した商業集積が実現しなかった。同時に、組織作りに足並みが揃わない理由として、店舗再建のための補助金が関係していた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
磯田 芳枝 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
都市計画 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 521(2017) No. 3 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)