東日本大震災の被災地域における開発許可動向に関する研究

最後に、非線引きリアス地域においては、ほとんど開発圧力が存在しなかったところに開発が発生しており、その面積。件数の増加割合は他の二地域と比べて高い。中でも、住宅系のみなし開発が大きな割合を占めている。その傾向は、用途地域よりも白地地域において顕著である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山梨 裕太 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 521(2017) No. 3 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)