いわき市を対象とした東日本大震災前後の小中学生にみる遊びと公園利用の変化について

本調査・研究の成果として第一に、複数の小中学校の生徒を対象として、遊びの内容や遊ぶ場所とその特徴を明らかにすることができた。全体として家の中での遊びの内容が多いなかで、ボール遊びなどの運動や小学生においてはかくれんぼや鬼ごっこなど外での遊びも行われている実態をみることができた。特に運動公園は利用しないまでも身近な公園においてボール遊びなどの運動が行われていることがわかった。また、パソコンを使用した遊びや言えの前の道路や近所などを遊ぶ場所として位置づけているなど、学校の取り組みや地域特性の違いにより異なる特徴をみることができた。また学校での放射線に対する教育の取り組みや内容の違いないより、生徒の放射線に対する評価が異なるのをみることができた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
齊藤 充弘 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
原発対応 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 521(2017) No. 3 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)