東日本大震災からの復興プロセスにおける農地転用の実態に関する研究

平時では開発圧力の低い地域においても大規模災害で移転需要が高まることにより、都市計画法による土地利用規制が緩い地域において転用基準が比較的緩い中小希望農地を中心に開発が被災後早い段階から進行することが明らかになった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
宮川 雅史 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
都市計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 51(2016) No. 3 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)