東日本大震災後の復興期における建築動向とそれによる市街地形態の変容に関する研究 非線引き都市・大船渡市におけるケーススタディ

集合住宅は、主に比較的利便性の高い中心部の、場合によっては浸水域も含めて建築されており、被災前よりむしろ頭数は増加していた。その着工スピードは全体の着工スピードの中でも平均的であった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
贄田 純平 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
住宅再建 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 51(2016) No. 3 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)