東日本大震災前後における地区防災の変容と課題 群馬県前橋市を事例として

自主防災組織の有無により、地区防災の総合評価に差異があった。特に、自主防災組織がある地区では、「地区防災訓練」、「組織基盤」が充実しており、これにより地区防災の総合評価が高まる傾向が把握できた。また、自主防災組織がある地区は、自主防災組織がない地区よりも防災用資機材の備蓄率が高いことを把握した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
塚田 伸也 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 51(2016) No. 3 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)