東日本大震災前後における地区防災の変容と課題 群馬県前橋市を事例として

地区防災における自助・共助における防災対策を客観的に評価するモデルを提案した。評価モデルを作成することにより、世帯による自助には、「非常時の連絡確認」、「水・食料確保」が「総合評価」に大きな影響を与えることがわかった。地区による共助には、「地区防災訓練」、「組織基盤」が重要な影響を与えることがわかった。本評価モデルを使用することにより、当該地区の自助・共助の地区防災の現状と課題が客観的に検証できると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
塚田 伸也 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 51(2016) No. 3 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)