東日本大震災被災地における恒久住宅への移行期における高齢者の買い物行動の実態とその支援に関する研究 岩手県大槌町を事例に

買い物ツアーについては今後の継続性に課題があるが、とくに新しい住宅でのコミュニティ形成に寄与することが期待されることから、一定期間の継続は意義のあるものであると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松田 真依 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
コミュニティ 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 51(2016) No. 3  
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)