復興まちづくり協議会の長期的活動実態に関する研究 阪神・淡路大震災における神戸復興まちづくり協議会に着目して

協議会の設立段階から、その対象区域を既存の住民組織の対象区域と整合させること、すなわち「事業」区域内に閉じて協議会を設立するのではなく「まちづくり」の単位に合わせた区域を対象として協議会を設立することの重要性を示唆している。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
吉村 真悟 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
地域組織 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 51(2016) No. 3  
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)