復興まちづくり協議会の長期的活動実態に関する研究 阪神・淡路大震災における神戸復興まちづくり協議会に着目して

課題としてはその担い手不足がある。その解決のためには、まちづくり協議会が事業計画を策定する事業推進期の段階で、住民に対する23と意識付けを行うことが重要であると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
吉村 真悟 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
地域組織 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 51(2016) No. 3  
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)