復興まちづくり協議会の長期的活動実態に関する研究 阪神・淡路大震災における神戸復興まちづくり協議会に着目して

活動内容は「空間環境管理活動」と「コミュニティ形成活動」に大別されるが、このうち「空間環境管理活動」については、活動が継続している事例が多い。これは、その管理対象となる施設等自体が、地区が管理することを条件として整備されている場合が多いこと、神戸市が制度上財源を一定程度確保していること、が要因であると推測される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
吉村 真悟 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
地域組織 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vol. 51(2016) No. 3  
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)