東日本大震災後の災害危険区域の指定に関する研究

冒頭でも述べたとおり災害危険区域の持つ意義は「将来的な自然災害リスクの軽減」と「被災者支援」に分けることができるが、多くの自治体では、被害状況や住民意向、地理的制約、時期的制約からこの2つの葛藤の中で危険区域を指定していること、そして、3つの指定基準の組み合わせにより、これらの両立を図っていることが明らかになった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松本 英里  
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
津波 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.50 No.3 2015 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集