阪神・淡路大震災の被災地である芦屋市若宮町における復興評価に関する研究 -被災前・被災直後・20年後の現在の日常のまちづくりに至る復興プロセスに着目して-

復興プロセスの中でまちづくりに積極的な層が形成され、彼らが自らまちを認識していく過程で、「形式上の満足」「真の満足」という2つの段階それぞれにおける帰属意識の醸成が復興プロセスにおいて重要であることが示された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
柄澤 薫冬 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.50 No.3 2015 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集