東日本大震災で被災した学校施設における避難空間計画に関する研究 -現地再建した岩手県沿岸小中学校を対象として-

インタビューでも伺われたことだが、例えば緊急避難先に一定時間滞在が可能な施設があれば、そこで臨時の教室を開くこともできる。このように公共施設等を建設する際には、沿岸からの避難ルートを意識しながら配置することも有効と考えられ、円滑な避難を促せるような空間構造の実現が重要と考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
菊池 義浩 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.50 No.3 2015 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集