東日本大震災で被災した学校施設における避難空間計画に関する研究 -現地再建した岩手県沿岸小中学校を対象として-

調査・分析の結果を踏まえて避難空間の計画に求められる一要素を考えてみると、避難先での移動にあまり負荷が掛かる場合、訓練等を継続させるのが困難と言える。津波常襲地帯では津波注意報や津波警報が度々発令され、その都度授業を中断して避難することを考えれば、あまり遠方に緊急避難先を設定するのは難しい。安全性を優先しつつ、どのように教育環境を維持していくかが共通する課題である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
菊池 義浩 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.50 No.3 2015 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集