東日本大震災で被災した学校施設における避難空間計画に関する研究 -現地再建した岩手県沿岸小中学校を対象として-

このような避難先変更の要因として、緊急避難先および避難ルートの安全性や滞在避難先に関する事項が挙げられ、学校周辺の地形及び建物・道路整備等の条件を基に、既存施設の活用や新規施設の設置を含めて、避難空間が設定されていることが分かる。また、段階的に避難計画の検討が行われており、継続的な防災対策の取り組みが重要と言うことができる。加えて、地域の多主体が連携した対応もみられ、今回の震災をきっかけとした、新たな地域防災の仕組みが生まれている状況を窺うことができる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
菊池 義浩 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.50 No.3 2015 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集