東日本大震災で被災した学校施設における避難空間計画に関する研究 -現地再建した岩手県沿岸小中学校を対象として-

避難先変更の事例からは、1)平地部に立地しており、校舎内への避難から敷地外に変更したケース。2)学校が地元住民や行政に働きかけながら、避難環境の整備を進めているケース。3)津波避難場所及び避難所に指定されているものの、学校独自の避難先を設定しているケース。4)多くの生徒数を抱えており、収容できる施設や安全な経路を探すのに苦慮しているケースなど、多様な状況を捉えることができた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
菊池 義浩 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.50 No.3 2015 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集