震災復興において公正な地域運営がもたらすソーシャル・キャピタルと生活快適性の改善 -東日本大震災を題材に-

・困難な生活状況にない場合、公正な地域運営はソーシャル・キャピタルの醸成や生活快適性の向上に貢献しないことが示唆された。しかし、困難な生活状況にある場合には、公正な地域運営がソーシャル・キャピタルを醸成し、それが生活快適性も高めることが示唆された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
青木 俊明 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.49 No.3 2014 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集