災害時における他地域に対する自発的援助の存立要因に関する考究 -東日本大震災を対象として-

2)特定地域への援助者は、地縁や血縁も含めたつながりが援助行為の強い存立要因として存在することが定量的に示された。政策的対応で必ずしもカバーできないこれらの「縁」や「ゆかり」をどう熟成し、機能させていくか、引き続き検討が必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山口 裕敏 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
経済支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.49 No.3 2014 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集