東北地方太平洋沖地震津波による海岸林の被災分析と文化的景観の特質に関する研究 -宮城県仙南平野岩沼市沿岸部を対象として-

文化的景観の分析手法を導入することにより、今後の海岸地域の再生に向けて以下の知見が得られた。
①沖積平野に発達した海岸地域には、度重なる自然の脅威により形成された微地形と対応したモザイク状の自然と人の営みの集合体(文化的景観ユニット)が存在する。復興にあたっては、この構造を、まず明らかにし、共有することが重要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
石川 幹子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
津波 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.48 No.3 2013 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集