東日本大震災にみる復興協力行動の促進要因 -住宅損壊状況と性別に着目して-

・深刻な状況にある場合には、そうでない場合に比べて、協力行動が高まる傾向が示唆された。逆に、さほど深刻でない状況には、行動意図は高まっても、実際には協力が示されにくいことも示唆された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
青木 俊明 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.48 No.3 2013 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集