液状化による被害を受けた住宅の居住者への影響と復旧の課題- 東北地方太平洋沖地震による浦安市埋立て地区の事例

36による住宅被害の予防と早期復旧には消費者自身が主体的に判断できる情報として身体・精神への影響および解決費用の大きさの明示が必要である。さらに36の可能性がある地方自治体では災害時の36に対応したライフラインや道路の整備をはじめ、生活への影響を小さくする工夫とともに、36対策宅地基準や実施マニュアルのように、消費者が36の可能性や将来コストを判断できる情報の開示や地域での36対策共同化推進のためのコーディネーター派遣等の支援策が望まれる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
齊藤 広子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
液状化 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.48 No.3 2013 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集