東日本大震災における復興まちづくりのプロセスに関する考察-福島県いわき市豊間地区のふるさと復興協議会の活動とその支援-

豊間の復興プロセスを踏まえ、「なぜ、豊間復興協議会が成果を挙げられたのか」について以下にまとめる。
 第一に、豊間復興協議会と(住民組織としての)豊間区が一体的に取り組んでいる点である。他の区では、1つの行政区内に、被災者と被災を免れた住民が混在し(被災面積及び被災人口の割合、市街地における位置づけの違いもある)、一体化を阻んでいる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松本 暢子 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
地域組織 
カテゴリ:
地域連携 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.48 No.3 2013 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集