東日本大震災における被害型からみた茨城県の住宅被害の特徴と再建支援課題

2)今後どこに住むかについては、津波被害地区と36被害地区で異なり、前者は元の居住地を転出する避難型、後者は現住宅を補修し住み続ける地域依存型が多い。大規模半壊以上の被災者でみると、津波被害地区では建て替え・住宅購入を計画する割合は5割、36被害地区では建て替え・住宅購入は2.5割、補修が大半を占める。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
乾 康代 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画論文集 
掲載巻ページ:
Vo.l.47 No.3 2012 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画論文集