仮設住宅に入居する避難者の今後の住まい選択の研究-東日本大震災後の福島県内のログハウス仮設住宅団地を対象とした考察-

南相馬市・浪江町・大熊町に見られる様な自治体ごとの傾向の違いに加え、震災前の住まいに戻るのが容易でない状況の中では、避難者の方々が自治体の枠を超えた移動を視野に入れていることを念頭においた対策も求められるかも知れない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
浦部 智義 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
住宅再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画学会誌「都市計画」2014 
掲載巻ページ:
311号 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画学会誌「都市計画」2014