東日本大震災からの復興と国土・地域・コミュニティのマルチスケール・ネットワーク

震災によって多くのものが失われた今、失われた生活文化を後世に大切に引き継いでゆくためにも、住民が無意識に様々な空間スケールのコミュニティを行き来していることを明示化することで地域の誇りや暮らしの基盤となる資源を再発見し、先祖から引き継いだ豊かな歴史・文化の延長線上にこれからの生活像を描くことこそが、集落としての今後の持続性を高めることにつながる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
城所 哲夫 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
都市計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画学会誌「都市計画」2012  
掲載巻ページ:
299号 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画学会誌「都市計画」2012