東日本大震災からの復興と国土・地域・コミュニティのマルチスケール・ネットワーク

国土政策の前提を、効率重視の従来型ヒエラルキー構造から自立的かつマルチスケールにおいてネットワーク化された地域・国土構造へと大きくかえていくことが必要なのではなかろうか。このような構造転換は、前節で強調したように環境的、防災的観点から重要であるとともに、経済的、社会的観点からみても喫緊の課題となっていると言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
城所 哲夫 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
都市計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画学会誌「都市計画」2012  
掲載巻ページ:
299号 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画学会誌「都市計画」2012