東日本大震災の復興を俯瞰して、これからの防災・減災まちづくりを考える

都市計画の専門家の役割は、現行の枠組みを前提に復興まちづくりの現場で努力することであろうが、同時に、被災地での復興を俯瞰的に眺める目を持つことも重要である。それが、復興まちづくりの現場へのフィードバックにつながり、かつ、被災地での経験を次の大災害につなげることになるであろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
加藤 孝明 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画学会誌「都市計画」2012 
掲載巻ページ:
299号 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画学会誌「都市計画」2012