東日本大震災の復興を俯瞰して、これからの防災・減災まちづくりを考える

次の巨大災害に向けた基本スタンス・被害想定に内在する不確実性について認識の共有が不可欠・地域の特性に応じた多様な解決策があることを前提とすることが不可欠・ハード対策とソフト対策の良いバランス・地域づくりとしての総合性、包括性が必要・対策の長期的なロードマップが不可欠

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
加藤 孝明 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画学会誌「都市計画」2012 
掲載巻ページ:
299号 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画学会誌「都市計画」2012