東日本大震災の復興を俯瞰して、これからの防災・減災まちづくりを考える

第三に、準備対策として復興準備の必要性が再確認されたことである。復興計画の初期段階では、総合計画としての復興計画の策定、復興の手順の確認に追われる。時間のトータルマネジメントという意味では、復興準備を進めることによって効果的な時間短縮が期待できる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
加藤 孝明 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画学会誌「都市計画」2012 
掲載巻ページ:
299号 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画学会誌「都市計画」2012