東日本大震災の復興を俯瞰して、これからの防災・減災まちづくりを考える

第二に、被災後の「事態」に柔軟に対応するという危機管理的なしくみを復興システムに組み込む必要性が明確になったことである。もう一つの根本問題は、被災後に生じた「事態」に対して対応し得ないことが分かったとしても、既存システムが変わらない、変えられない構造にあったことである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
加藤 孝明 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画学会誌「都市計画」2012 
掲載巻ページ:
299号 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画学会誌「都市計画」2012