東日本大震災 市街地復興への道程-地域基盤の再構築に関する連携委員会の活動から-

被災当初、地方分権・政治主導の名の下、国土交通省やUR都市再生機構の実態把握・復興計画準備の取り組みに躊躇が見受けられた。「勝手に動くと後で文句を言われるからまだ動くな」という国の行政組織の姿勢はかつての大災害時には見られなかったものである。今回明らかとなった「地方分権と政治主導なるもの」が内包する大きな問題点といわざるを得ない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
岸井 隆幸 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
都市計画学会誌「都市計画」2012 
掲載巻ページ:
299号 
出版者:
日本都市計画学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 都市計画学会誌「都市計画」2012