平成28年 (2016年) 熊本地震による液状化発生の特性

9) 36発生が集中した地域における土地条件を調べた結果,河川の氾濫,地形改変履歴,埋土・盛土とその材料,砂利採掘履歴,地下水条件が36の発生に大きく影響していたと推察された.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
若松 和寿江 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
液状化 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集  
掲載巻ページ:
Vol. 17(2017) No. 4  
出版者:
日本地震工学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集