東日本大震災応急・復旧時におけるバス路線新設の経緯と課題に関する調査研究-仙台空港アクセスバスを対象にー

迅速な対応が求められる災害応急・復旧期において、行政主導の下でバス路線新設を行ったことで、短期間で運行を開始することができた。一方で行政主導という制約から、運行事業者の選定や収益の確保などにおける課題も浮き彫りとなった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤  良太 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
交通 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報  
掲載巻ページ:
No.15-2 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報