熊本地震における被災者アンケート調査からみる災害情報利用の実態

この熊本地震における被災者へのアンケート調査から明らかになったことは、このレベル、規模の大地震であっても、電気や通信などのライフラインが生き残っていれば、または復旧が早ければ、被災者に対してテレビやラジオなどの放送メディアを通じた災害報道や、ネットや携帯電話などの通信メディアを通じた災害情報の伝達が有効に機能するという側面である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
福田 充 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
ライフライン 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報  
掲載巻ページ:
No.15-2 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報