熊本地震にみる災害通信の進展と課題

広域災害緊急医療情報システム(EMIS)はDMATが入力しDMAT自らが病院の避難に使った。防災無線の移動系は被害情報法の収集に役立ったし、戸別受信機は被災後の細かな自治体情報を伝達できた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中村 功 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
情報提供→情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報  
掲載巻ページ:
No.15-2 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報