「平成28年熊本地震」被災地住民の活断層地震リスク認知と防災対策

住民が地域の活断層リスクを知った手段としては「人から聞いた」つまり「言い伝え」や「口コミ」によるところが大きかった。自治体が積極的に活断層地震のリスクに関する情報を公開し、定期的な訓練や学校教育などを通じて住民の中に「地域の災害リスク」と「防災マインド」をじっくりと根付かせていくことが有効であろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
入江 さやか 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災体制 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報  
掲載巻ページ:
No.15-2 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報