「平成28年熊本地震」被災地住民の活断層地震リスク認知と防災対策

今回の調査結果から、地域の活断層地震リスクを「知っていた」人は、「知らなかった」人に比べて、事前に防災対策を実施している割合が高いことがわかった。活断層の存在を知ったことで防災対策が促されたのか、防災意識の高さが活断層への関心に結びついたのか、両面の見方ができるが、西原村のケースなどをみると、活断層地震のリスクを住民に周知することで防災対策を促す一定の効果は期待できるのではないだろうか。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
入江 さやか 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災体制 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報  
掲載巻ページ:
No.15-2 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報