2016年熊本地震の震源近傍の強振動と活断層のズレ変位に対する建物の被害低減策

余裕をみた耐震設計を行うことで、大地震時に倒壊する確率だけでなく、全壊・半壊の確率も大幅に低減できるため、地震後の生活再建の困難さによる関連死や復旧・復興のための膨大な経費や時間も大きく低減できるはずである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
久田 嘉章 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報  
掲載巻ページ:
No.15-2 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報